夫に毎日メールや電話をしてくる

結婚後のストレスで大きな要因を占めるのが姑の存在です。

 
特に一人息子や長男、姑が一人暮らしなどの場合はその傾向が強く現れます。

 
結婚して新しい家庭を築いたにも関わらず、姑にとっては自分の息子が一番可愛くて、いつまでたっても子供扱いしたいものだからです。

 
とはいえ、自分の夫に対して毎日のようにメールや電話などを送りつけてくる姑に対して、妻が良い印象を持つことはまずないでしょう。

 
特に家に掛かってきた電話などで、自分の愚痴など言われた日にはたまったものではありません。

 
現代人は、実家に依存するタイプの人が多いといいます。

 
家族の絆を大切にすることはもちろん素晴らしいことですが、何かにつけて姑にしゃしゃり出てこられては、妻の立場は丸つぶれです。

 
結婚後数ヶ月や数年なら妻の我慢も続くでしょうが、いつの日にか必ず我慢の限界はやってきます。

 
そのとき溜まりに溜った不満が、姑に向くのか夫に向くのかは人それぞれですが、溜めたストレスのせいで夫婦仲が険悪になることは言うまでもありません。

 
これは息子に依存する姑はもちろん、そんな姑の行動を制止することの出来ない夫の両方に責任があります。

 
結婚したらもう一人前の大人として、ある程度静観して見守ってあげるのが本来の親の愛情といえるでしょう。