息子を取られた!過干渉な義母

鑑賞しすぎの義母のおかげで結婚生活がうまくいかないというのはあまり珍しいこ

 

とではありません。

 
母親というのは息子に対して、時に恋人のような感情を抱くことがあります。

 
そうすると恋人ができただけでも、他の女性に取られたような気持になり、更に結

 

婚に至っては、完全に取られてしまった、取り返さなくては、という心理になってい

 

きます。

 
表面的にはうまくやっていても、心理の奥にこの感情があると、何かにつけ息子夫婦に鑑賞し、あわよくば取り返そうとすることになります。

 

この状況の場合、息子さんの態度次第で、夫婦生活や義母との関係が決まってきます。

 
もし、母親の過干渉をそのまま受けて、マザコン状態で暮らすのであれば、奥さんとの関係は間違いなく悪化します。

 
逆に母親のことをないがしろにし、はねつけるような態度に出れば、自分の実家との関係も悪化しますし、更に「こんなことになったのは嫁のせいだ」と関係悪化を嫁のせいにした母親が、もっと強い態度に出てトラブルになっていくこともあります。

 

 

ではどうすれば関係を良くしていけるのかというと、お互いにそれぞれの立場を考えていくことと、よく話し合っていくことです。

 
夫婦同士で、お嫁さんはお義母さんにされて嫌だったことを旦那さんに言ったり、そのことについて旦那さんも自分の意見を話すようにする。

 

さらに角が立たないように、母親にも過干渉すぎる部分を見直してもらうように言う。また母親の意見も聞く、など旦那さんがちょうどいい、

 

接着剤となれるようにうまく調整して、皆で話し合っていくことがとても必要になっていきます。