その適度な関係とは

時として義母の存在も結婚生活にピリオドを打つ大きな要因になります。
同居の場合は、適度な距離感を保つ事が大切です。af9920058177l

 

一つ屋根の下に暮らしている

とはいえ、

 

元々は他人同士だった大人

 

が24時間顔を合わせていれば気が休まる時がありません。
夫婦専用のスペースには立ち入らないように約束をするなどの

 

、なんらかのルールは欲しいものです。
また、一家に主婦が2人も存在するとお互いの家事分担について

 

衝突が起こりやすいので注意が必要です。
完全な二世帯住宅でない場合は、最初に家事分担をきちんと決めておくことで

 

後々のトラブルを未然に防ぐ事が出来るでしょう。
そして義母と別居している場合は、実家との距離によって大きく関係は変わるでし

 

ょう。
飛行機が必要なくらいの遠距離だったら、年に1回くらいの帰省をして、

 

後は要所要所で電話連絡をするくらいで十分でしょうが、

 

車ですぐの距離に住んでいる場合、何かにつけて義母が家を訪れたり、

 

実家に帰るのを強制してくる場合は、妻のストレスも溜りがちになり、

 

やがては結婚生活を揺るがすほどの問題に発展する恐れがあります。
離婚原因にならないように、義母とは適度な距離をとりつつ良好な関係を築いて

 

いく事が大切でしょう。